ヘルシンキ ハネムーン1日目 モデルプラン

ハネムーンのような旅行の場合は、内容のあるご滞在をしていただくために、ある程度、旅行先での動きについてイメージしながら、最終的に旅行を固めることはとても大事だと思います。
折角のハネムーンなのに移動ばっかり、こんなにセカセカ動くとは思わなかった・・・ということにならないようにしていただきたいところです。
ここでは、4泊6日のハネムーンの旅行を前提におおよそ各日の行動をイメージしていきたいと思います。
このモデルプランでは、
成田発 午前11時 ヘルシンキ着 午後3時20分(同日)
ヘルシンキ発 午後5時15分 成田着 午前8時55分(翌日)
という飛行機を使うことでのモデルプランとなります。

まず出発日です。
午前11時の出発ですが、空港には、念のため、3時間ぐらい前の午前8時ぐらいの到着が望ましいと思います。
午前11時の出発の場合、搭乗時間は午前10時20分ぐらいとなります。
また成田空港の出発ゲートのセキュリティなどが混雑していると少し時間がかかりますので、ハネムーンであれば、このぐらいの時間には到着しておきたいところです。

日本時間 午前8時 空港に到着

航空会社のカウンターでチェックイン、荷物などを預ける
両替、海外旅行保険などまだやってない場合は、済ませておく。
海外で使えるポータブルwifiのピックアップ等もここでやる

日本時間 午前9時 出国の手続き

出国ゲートでセキュリティチェックをし、出国の手続きをします。
出国審査を終えると免税店などがありますが、時間を見て早めに搭乗ゲートのほうに向かうのがベストかと思います。

日本時間 午前10時20分 搭乗開始

購入された航空券により搭乗順位が異なります。ビジネスクラスエコノミーコンフォートなどは早めの搭乗が可能です。

日本時間 午前11時 出発

いよいよ出発です。成田からヘルシンキは片道約10時間20分。機内で空の旅を楽しみましょう。

フィンランド時間 午後3時20分 到着

到着したら、まずは入国審査の場所へ向かいます。
どのぐらいで入国できるかは混雑具合によります。入国審査自体は、そんなに煩わしいことはないのがフィンランドですが、こればかりは、その日の審査官次第ということもあります。
無事、入国したら、次はスーツケースを取りに行きます。
スムーズに入国すると、まだスーツケースは、出てこないかもしれませんので、自分の荷物が出てくる場所で少し待ちましょう。
自分の荷物を受け取ったら、外へ向かいます。

フィンランド時間 午後4時15分 市内へ向けて移動

到着から入国審査、荷物を受け取るまでおおよそ1時間前後を見ておくのが無難です。
その後、市内に向けて移動します。
今回は列車での移動にトライするパターンにします。ホテルのロケーションをヘルシンキ中央駅にした場合は、空港からは列車が使えます。

フィンランド時間 午後5時 ホテルにチェックイン

ホテルに到着したらチェックインとなります。到着時間によってはフロントが少し混んでいることがあります。
バウチャー、パスポートなどのIDを提示し、チェックインをします。
部屋番号やキーはこのタイミングでもらうことになります。
到着した後は、少しホテルで休んでもいいですし、すぐ動き始めることもできますので、ここは自由です。

フィンランド時間 午後7時 食事

もし到着後、それほど疲れがないようであれば、事前にいくつか候補に挙げていたレストランにて食事をするとか、近くでご飯を食べるのがいいかもしれませんね。
夏場のフィンランドは夜まで明るいので、ホテルからそれほど遠くないレストランは歩いて行ってみるといいかもしれません。
人気の高そうなレストランは事前に予約しておいたほうがいいでしょうか。

フィンランド時間 午後10時 ホテルに戻り、初日終了

食事を済ませて、ホテルに戻り、初日は終了という流れになります。
ゆっくりおやすみください。

2日目へ


アンケートのお願い

このページは、参考になりましたか?今後の改善のため、ご意見をお知らせください。