フィンディア杯2018 観戦チケット送迎パッケージ1 フィギアスケート

日程 2018/10/05 (金) ~ 2018/10/07 (日)
料金
開催地 ヘルシンキ
会場 エスポーメトロアリーナ

毎年10月に開催されるフィンランディア杯。2018年は10月5日から7日の3日間の開催となります。

こちらの商品は、観戦チケットと送迎をパッケージにしたものです。
初めての方でもチケットと送迎があれば、安心して観戦を楽しめますね。

こちらのパッケージのチケットについて

こちらのパッケージの観戦席は、セクション211の列14から16になります。

*チケットの状況によってはお手配できないこともございます。その際はご了承ください。

送迎について

ヘルシンキ市内のホテルからの送迎のみとなります。郊外の場合は、こちらのパッケージはお手配できません。
(市内でも送迎ができないエリアはございますので、ご宿泊予定のホテルをお知らせください)

エスポーメトロアリーナの基本情報

会場名:Espoo Metro Areena
所在地:Urheilupuistontie 3, 02120 Espoo, Finland
収容人数:約7000人
ロケーション:ヘルシンキから約15キロほど離れた場所にあるアリーナです。
アイスホッケーチーム、Espoo Bluesの本拠地となります。

エスポーメトロアリーナの階層

エスポーメトロアリーナは2階層の会場となります。
そのため、収容人数は約7000人となります。
200レベルが1階席、400レベルが2階席となりますが、フィンランディア杯は200レベルの1階席のみを使う大会になるようです。
200レベルは、セクションにもよりますが、ROW:2からROW13となります。
エンドゾーンにはクラブラウンジが設置されております。

エスポーメトロアリーナの列について

エスポーメトロアリーナのリンクから最前列のエリアは、基本的にはROW:2となります。
ジャッジ側のジャッジ後ろの座席は列が削れるので、ROW:5より後方が一番前になる見込み(この会場のアイスホッケーのレイアウトでROW:5がベンチ後ろの一番前ですが、ジャッジが入り、カメラも入りでは高さが足りない感じがしたので、実際フィギアスケートの場合は、もう数列削られるかもしれません)ですが、ジャッジ側のジャッジの後ろのエリアは、基本的には関係者席になるため、一般販売がされづらくなります。そのため、ジャッジ側ではないサイドの前のほうがねらい目になってくると思います。
ショートサイドはROW:3が最前列になる会場です。

フィンランディア杯のご観戦のご相談(チケットのお手配、オーダーメイドツアーのアレンジ)

座席からの見え方のイメージ

エスポーメトロアリーナの中

エスポーメトロアリーナの中は200レベルの後方のエンドゾーンのエリアにクラブラウンジが設置されております。
フィンランディア杯でここのクラブラウンジが一般オープンになるかわかりませんが、お酒などを飲み方はここはいい場所になるかもしれません。
2017年の世界選手権に行かれた方は、ハートウォールアリーナの117-120側のコンコースがクラブラウンジだったことを覚えていらっしゃるかもしれませんが、そのようなイメージです。
混雑しているとあまりゆったりできませんが、空いている場合は、競技開始までの時間をくつろぐことができます。

ヘルシンキの基本情報

ヘルシンキ中央駅について 基本情報

フィンランドで買い物と言えばマリメッコ マリメッコのアウトレット

ヘルシンキ市内の交通 基本情報

空港からのアクセス 基本情報